再春館製薬 痛散湯つうさんとう
年齢肌化粧品 ドモホルンリンクルでおなじみの再春館製薬所 医薬品  痛散湯は、「水のよどみ」が原因の肩、腰、膝の痛み、顔や手足のむくみを改善する漢方薬。

 

つうさんとう 再春館

 

年齢痛とも言われる体の不調やぶりかえす痛み、長引く痛みは、一般的な薬で一時的、表面的に傷みを緩和するのではなくて、痛みの出にくい体質に改善することが大切。初めての方は無料試供薬のお試しがありますよ。
↓↓↓
痛散湯

 

再春館製薬 痛散湯 口コミ

・ひどい肩凝り、頭痛、腰痛、発熱するほど痛みがあることも。西洋薬であるボルタレン、ロキソニン、カロナールよりは胃への負担が低く、安心感をもって飲めるのがいいです。漢方は効果が出るまでの期間がそれぞれ。気長に飲んでみようと思います。

 

・1カ月に1箱、1日3包のペースで1年以上続けています。五十肩が軽くなったのが痛散湯 効果ですね。また、首のコリ、腰の重だるさ、足の付け根の痛みも軽くなります。

 

・ラジオCMでよく耳にしていて頼んでみました。再春館製薬の痛散湯、神経性の痛みに関しては効果が高いように感じています。

 

・寒湿による痛みによく効くと思います。冷えと湿で、気血の流れが滞って出る痛みや重たい感じが気にならなくなりました。

 

・服用して2か月以上たちました。痛みはずいぶん軽くなり、最近はじょじょに飲む量を少なくしています。痛散湯をやめた後でも痛みが出にくくなったという口コミがあったので、そうなればと思います。

 

痛散湯 再春館製薬 とは

痛みの治療に古くから用いられてきた「麻杏薏甘湯(まきょうよくかんとう)」。再春館 痛散湯は、この漢方薬を進化させて、「水(すい)の澱(よど)み」を解消するために、「防已(ぼうい)」という水(すい)の巡りに働く生薬を独自配合。

 

つうさんとう無料

 

麻黄(まおう)、杏仁(きょうにん)、薏苡仁(よくいにん)、甘草(かんぞう)と「痛み」に効果のある漢方薬に、「痛み」に関わる利水作用のある防已(ぼうい)を加えた医薬品。5種類の生薬が自然治癒力を引き出し、年齢痛にアプローチします。

 

痛散湯 つうさんとう こんな方におすすめ

・肩が痛くて腕が上がらない、
・朝起き上がるのが痛くてつらい
・正座ができない
・肩、腰、膝の長引く痛み
・あちこち痛む
・傷みがぶり返す
・全身が重く、だるい
・顔や手足がむくみやすい
・舌に白いべったりしたコケがつく
・頭が重い
・汗をかきにくく、尿量が少ない
・神経痛
・原因不明の痛みが続く

 

痛散湯 エキス顆粒・煎じ薬

再春館製薬 痛散湯、種類は2つ。「エキス顆粒」と「煎じ薬」があります。どちらも生薬原料だけで出来ていて、痛みの元を取り除くように処方されているので、飲みやすい好みの方を選ぶといいですよ。それぞれの効果・効能を紹介しますね。

 

痛散湯 エキス顆粒

発熱して、諸関節や各処の筋肉が腫れて痛むものの次の諸症。神経痛、リウマチ、肩痛、筋肉痛、関節炎。

 

【用法・用量】
大人1回1包(1.5g)1日3回随時服用。
17歳未満7歳迄1回大人の1/2量。
7歳未満4歳迄1回大人の1/3量。

 

痛散湯 煎じ薬

三叉神経痛、肋間神経痛、後頭神経痛、腕神経痛、坐骨神経痛等の各種神経痛、急性慢性関節リウマチ・肩関節周囲炎(四十肩)等の疼痛に効あり。

 

【用法・用量】
1包に水600mlを加えて加熱。
300mlに濃縮して1日3回毎食後に服用。

 

痛散湯 お試し無料

再春館 痛散湯、初めての方は無料試供薬もありますよ。煎じタイプ1日分と顆粒タイプ1日分がセット、2日分の無料お試しができます。

 

再春痛散湯 値段ですが、再春痛散湯 エキス顆粒は1カ月分14040円(税込)。また、痛散湯 煎じ薬は1カ月分12960円(税込)ですから、まずは無料お試しでどちらが飲みやすいかなど試せるのは便利ですね。

 

★ 痛散湯 再春館 無料お試し公式HP

[つらい痛みに]再春館製薬所の痛散湯